『わたしのくらし 世界のくらし 地球にくらす7人の子どもたちのある1日』『すいかのプール』『おやすみなさい トマトちゃん』『この計画はひみつです』

8/10日号で配信された「書評のメルマガ」では『わたしのくらし 世界のくらし 地球にくらす7人の子どもたちのある1日』『すいかのプール』『おやすみなさい トマトちゃん』 『この計画はひみつです』の4冊をご紹介しました。 http://back.shohyoumaga.net/ ———————————————————————– ■「いろんなひとに届けたい こどもの本」/林さかな ———————————————————————- 86 空は高く青く、夜空には星がまたたく 酷暑が続き、各地で最高気温を記録しています。 豪雨被害の被災地ではまだまだ生活再建に時間がかかり本当に大変ですが、休めるときは少しでもゆっくりできますように。 さて、夏休みの季節になり、涼しい部屋で本を読む時間をもてているでしょうか。 最初にご紹介する絵本は、7つの国、それぞれで暮らす子どもたちが描かれています。 『わたしのくらし 世界のくらし 地球にくらす7人の子どもたちのある1日』 マット・ラマス 作・絵 おおつかのりこ 訳 汐文社 イタリア・日本、イラン、インド、ペルー、ウガンダ、ロシア、これら7つの国に住んでいる子どもたちの様子が見開きいっぱいに紹介されます。 子どもたちの表情、学校に着ていく服、授業の様子、学校の先生、名前の書き方、放課後の過ごし方――。 見開きに複数の国の子どもが紹介されているので、様子の違いがひとめでわかります。どんな洋服を着ているのか、どんな遊びをするのか、食べ物はどういうものを食べているのか。丁寧に描かれた絵から、その先にある生活のリアルさが感じられます。 作者のマット・ラマスさんは、この子どもたちが、その国や文化の代表だとはいえませんと説明を加えています。代表ではなくても、自分たちの国以外の生活をみることは、世界を広げてくれます。違っているところ、似ているとこ ろ、知るのは楽しい読書体験です。 それに鳩や猫、馬なども描かれているのですが、動物は各国ほとんど同じです。私は鳩が食べ物をついばむ小さなシーンが大好きです。どのシーンも、何が描かれているのか観察し、発見があります。 巻末には用語集もあり、例えば、ごはんのページに登場する料理がどんなものか教えてくれるので、食べたことがなくてもイメージがわきます。 そしてなにより私がこの絵本でハッとしたのは7つの国の子どもたちの共通点です。互いの国で同じにみえるものがあることに、あらためて感動し近しさを感じます。 ぜひみてみてください。 次にご紹介するのはいまの季節にぴったりの絵本。 『すいかのプール』 アンニョン・タル 作 斎藤真理子 訳 岩波書店 今年は韓国文学がにぎやかで、翻訳者の斎藤さんのお名前をよく見かけます。 絵本にも活躍の場が広がっていて、うれしいかぎり。 本文を引用します。  「まなつのお日さま あっつあつ。 すいかはすっかり じゅくしてます。 すいかのプールの プールびらきです。」 すいかプールの管理人さんでしょうか。大きな麦わら帽子をかぶった白髪のおじさまが、すいかプールをチェックします。  「うーむ、きもちいい プールびらきを知った子どもたちは、走ってプールに向かいます。 たっ たっ たっ たっ たっ たっ」 足音が聞こえてきそうです。 この足音にはじまり、絵本には音がいっぱい登場します。 すいかプールに入る音、ちゃぽーん。 さっく さっく さっく さっく 足でぴちゃぴちゃすれば、すいかジュースもたまります。 子どもだけでなく、妙齢の大人も楽しんでいるのに、ニヤニヤします。 暑いですからね。 プールのまわりの出店も味があります。 夜になり、最後の子どもが帰ると、すいかプールも店じまい。 絵本の中に入りこみたくなる、引き込み力抜群のお話です。 夏の間にぜひ読んでください。 続いて、こちらもいまの季節にぴったりの絵本。 『おやすみなさい トマトちゃん』 エリーザ・マッツォーリ 文 クリスティーナ・ペティ 絵 ほし あや 訳 きじとら出版 今年の東京都板橋区いたばしボローニャ子ども絵本館主催、 いたばし国際絵本翻訳大賞〈イタリア語部門〉受賞作品です。 きじとら出版では、翻訳受賞作の絵本を刊行しており、本作は今年受賞したものです。 表紙で大泣きしているのは、主人公のアニータ。 […]