『山の上の火』『アンデルセンのおはなし』

7/10日号で配信された「書評のメルマガ」では『山の上の火』『アンデルセンのおはなし』の2冊をご紹介しました。
http://back.shohyoumaga.net/

———————————————————————–
■「いろんなひとに届けたい こどもの本」/林さかな
———————————————————————-
85 普遍的な物語の効能

 各地の水害で避難にあわれたみなさまの日常が、一日も早くもどってきますように。孤立されている方々が無事救助され、食べ物や日常に不足なものがなくなりますように。

 一年の中でおだやかに過ごせる季節が少なくなっているような感覚です。
 地震があり、豪雨があり、土砂災害があり。

 ざわざわする心持ちのとき、
 なにを読めるだろうかと考えました。

 そんなとき、
 フェイスブックで、京都の子どもの本の店「きんだあらんど」さんが、『山の上の火』というエチオピアのおはなしを紹介されていたのを読み、久しぶりに再読したところ、なんともいえない落ち着いた気持ちになりました。

 「きんだあらんど」Facebookページ
 

 アルハという若者がご主人様と賭けをします。
 スルタ山のてっぺんに一晩中、裸で突っ立っていられるかどうかです。
 アルハは賭けを引き受けてから心細くなり、ものしりじいさんに相談しました。じいさんは、スルタ山の谷を隔てたところにある岩の上で火をもやすので、それをみて山に立ち続けることを提言しました。

 直接あたためない火でも、その火を燃やし続けてくれるじいさんの気持ちはアルハを一晩山の上で立たせる力の源になりました。
 
 その後の話は一筋縄ではいかないのですが、しめくくりはとてもよいものでした。

 この話を読んだあと、アンデルセンを読みたくなりました。

 岩波文庫や福音館文庫でも、アンデルセン童話集は刊行されていますが、この5月にのら書店からアーディゾーニが選んだアンデルセン作品が出たのです。

 『アンデルセンのおはなし』
 スティーブン・コリン /英語訳
 エドワード・アーディゾーニ/選・絵 江國香織訳 のら書店

 たくさんのアンデルセンの物語から、14編を選び絵をつけたのが、エドワード・アーディゾーニ。1979年に亡くなっている、イギリスの画家です。『チムとゆうかんなせんちょう』(福音館書店)のシリーズ絵本等の他、児童文学の挿絵も描いています。

 アーディゾーニの描く子どもは、その心情が浮かび上がってくるかのような繊細なタッチで、見入ってしまう魅力があります。

 既訳のアンデルセン作品は、大塚雄三さん(福音館文庫)も、大畑末吉さん(岩波文庫)も、簡潔ですっきりしたものですが、江國香織さんの訳文は、情景が目に見えるようで、また、すっきりした読みやすい文章は、声に出して読むとより楽しめます。

 14編をいくつか音読していると、高校生の娘もいつのまにか聞いていたほど、よく知っている話でも、ぐぃっと物語世界に引き込まれます。

 2つの話をご紹介します。

 「しっかりしたスズの兵隊」

 25人いるスズの兵隊の内、1本足の兵隊がいました。
 彼は、片足を上げて踊っている小さな女の人(紙でできています)も自分と同じように1本足だと思い、心を寄せます。同じ家のおもちゃには、びっくり箱に入った小鬼がいました。小鬼はスズの兵隊に冷たい言葉を放ちます。小鬼のしわざなのか、スズの兵隊は、家から出てしまい、紆余曲折を経て、また同じ家に戻るのですが、残酷な運命が待っていました……。

 スズの兵隊の実直な様子や、小鬼の意地悪さ、踊り子の可憐さがまっすぐに伝わり、兵隊が運命に翻弄されラストを迎えるまでずっとハラハラします。

 短い話ですが、スズの兵隊に流れる人生の時間はとても濃密です。

 「皇帝の新しい服」は「はだかの王様」というタイトルでよく知られている話です。

 衣装に目のない皇帝が、すばらしい衣装という言葉にひかれて、ペテン師にだまされてしまう話です。
 
 その役職にふさわしくない者にはみえないすばらしい衣装。皇帝より先に、チェックした側近たちもみな、役職にふさわしい事を示すために、みえない衣装をほめちぎります。

 衣装をつけたつもりで大行列する皇帝に、ひとりの子どもがぴしゃりと言います。「皇帝は何も着ていないよ!」

 この子どものひとことは、いまの私には響きました。

 はだかの王様を滑稽だと思っていたときもありましたが、いい大人になってから読むと、周りの目を気にすることをより理解できるようになったからです。

 普遍的だからこそ、このお話はいまも読み継がれるのでしょう。

 まずは、ひとつふたつ、読んでみてください。

「絵で読む子どもと祭り」「しりとり」『ちょうちょのために ドアをあけよう』

6/10日号で配信された「書評のメルマガ」では「絵で読む子どもと祭り」「しりとり」『ちょうちょのために ドアをあけよう』をご紹介しました。
http://back.shohyoumaga.net/

———————————————————————–
■「いろんなひとに届けたい こどもの本」/林さかな
———————————————————————-
84 微細に描かれた絵本の楽しみ

 福音館の月刊誌絵本のひとつ「たくさんのふしぎ」が今月号で400号を迎えます。節目の絵本は、大好きな西村繁男さんによるものです。

 「絵で読む子どもと祭り」西村繁男 作
 月刊たくさんのふしぎ 2018年7月号(第400号)福音館書店

 2014年から4年かけて取材された、子どもが参加している地域のお祭りを9つ紹介されています。
 
 西村繁男さんの絵本といえば、たくさんの人と共に周りの様子も微細に描かれているのが特徴です。

 本書は「絵で読む」とタイトルにあるように、絵の読みごたえがたっぷりです。お祭りの見所を双眼鏡でみるかのように、ところどころズームアップもされています。

 当初、西村さんは、祭りの絵本を提案されたとき、ご自身が子どもの時に経験がなく、その後も積極的に参加したことがないので、祭りを執り行う人たちの思いや情熱を描けるか自信がなかったそうです。

 しかし、いままでのように、たくさんの人々を観察し祭りの現場をみて人を描いていけば絵本にできるのではと、時間をかけてできあがったのが本書です。

 春から始まり冬にかけて、9つの場所でのお祭りはたくさんの人が登場しています。

 視界に入るものをくまなく描き出した、その世界はにぎやか。子どもたち、観客、ただ通り過ぎる人も含め、様々な人が絵本の中にいっぱいです。

 中でも印象に残ったのは3つのお祭り。

 11月第3日曜日 神奈川県川崎市で開催されるのは「さくらもとプンムルノリ」。

 日本や朝鮮半島、中国、東南アジア、南米などにルーツをもつ子どもが参加するお祭りで、プンムルノリというのは、韓国・朝鮮の伝統的な踊りです。1990年から商店街の祭りで踊りが披露されるようになり、踊りと楽器の練習は1年を通して行われています。

 踊りの横では、各国の食べ物が出店されている様子もみえ、美味しそうな料理にも見入ってしまいます。

 2月9日から11日にかけて行われるのは高知県吾川郡仁淀川町の「秋葉まつり」

 過疎化でこの集落では30年以上子どもが住んでいないそうです。200年以上続いているお祭りを絶やさないために、近くの小学生が参加し、祭りをもりあげています。

 「神楽」「太刀踊り」「鳥毛ひねり」の披露にはたくさんの観客が集まっていて壮観です。

 2月中旬に行われるのは、福島県福島市と双葉郡浪江町の「安波祭(あんばまつり」
 
 もともとは福島県浪江町でおこなわれてきた豊作と豊漁を祈るお祭りですが、2011年の東日本大震災で、浪江町の住民は避難生活を余儀なくされました。福島市でおこなわれた、子どもたちによる「田植え踊り」の後ろには、仮設住宅が連なっています。

 昨年2017年の夏には、震災から6年ぶりに、浪江町の神社があった場所で、「田植え踊り」が奉納されたそうで、その時の様子も描かれています。
 
 お祭りは少子化、震災など、その時々によって乗りこえていかなければ続かない現状もあらわしているのです。

 それでも、いつの時も大人たちは子どものお祭りが続いていくよう尽力しています。

 ハレの日の象徴ともいえるお祭りがこれからも長く続いていきますように。

 さて、2冊目も福音館の「こどものとも」。こちらは先月の6月号です。

 「しりとり」安野光雅 さく/え
 月刊こどものとも 2018年6月号 福音館書店

 安野さんもまた、繊細な絵を描かれる方で、代表作でもある「旅の絵本」シリーズでは、世界各地、ひとつの国を舞台に、昔話など、物語のモチーフが随所に描かれ、それらを探しながら風景を楽しめるもので、私も子どもの頃から愛読しています。(新作はスイスを舞台にしたもので、今月15日に刊行です!)

 その安野さんがどんな「しりとり」を描いたのか。

 しりとりは、
 あいす→すずめ→めだか、というように最後の音で次の単語をつないでいく言葉遊び。「ん」がでたらおしまいです。
 
 安野さんの「しりとり」は、見開きに10数種類ほどの絵が描かれ、その中から好きな絵で自分のしりとりをはじめます。

 いちまいめは、さる きびだんご しるこ こあら けんびきょう 等々。

 たとえば、「さる」を選んでみます。
 「る」が次の単語のはじまりです。

 次の見開きのページに描かれている絵から「る」ではじまるものを見つけ出します。「る」は、るーれっと。

 そうやって、自分で次の言葉を選びながら最後のページにたどりつきます。そこで「ん」のつく言葉で終わるとおしまい。
 もし、最後が「ん」以外であれば、最初のページにもどって、しりとりは続くのです。

 ぬすびとはぎ、じんちょうげなどの可愛い花や、わまわし、みちしるべ、ちょうちんなど、ふだんの生活ではあまり見かけないものなど、どの絵もやさしいタッチで心ひかれるものがあります。

 子どもと一緒でも、大人が一人で遊んでも、おもしろい。

 我が家の小さい子どもたちが大きくなり、定期的な月刊誌が届かなくなってからは書店や図書館でチェックし、気になったものはいまも購入しています。

 今回ご紹介した2冊も購入して何度も読み返しています。
 最近では気に入ったものは複数冊購入して、あの人なら気に入りそうという方に贈っています。

 月刊誌は児童書を手厚くおいている書店ですとバックナンバーもおいていますし、単品の注文は書店でも受け付けています。

 最後にご紹介するのも絵本です。
 
 『ちょうちょのために ドアをあけよう』
 ルース・クラウス 文 モーリス・センダック 絵 木坂涼 訳 岩波書店

 大人の手のひらくらいの大きさの絵本に、世界を楽しく生きるために覚えておくといいことがつまっています。子ども視点で子どものための便利帖みたいなのですが、けっこう大人にも響きます。

 たとえば、

 「おおごえで うたう うたを
 ひとつくらい おぼえておくと いいよ
 ぎゃーって さけびたくなる ひの ために」

 「そんなに つかれたって いうなら
 つかれを ポイって すてちゃえば いいのよ」

 詩人、木坂さんの言葉は、同じく詩人であるルース・クラウスの言葉をぴったりに伝えてくれます。

 センダックの絵は、細いペン画で子どもたちのユーモアさや可愛さを余すことなく描いています。

 最初から順に読んだあとは、好きなページを開いて声に出して読んでみるのもおすすめです。

『13歳からの絵本ガイド YAのための100冊』『いっしょにおいでよ』『ぼくはアイスクリーム博士』『サーカスくまさん』『もりのたんじょうびパーティ』//書評のメルマガ

5/10日号で配信された「書評のメルマガ」では『13歳からの絵本ガイド』を読んで印象に残った絵本2冊と、『いっしょにおいでよ』、もりのこ絵本4冊シリーズの内の2冊『サーカスくまさん』『もりのたんじょうびパーティ』をご紹介しました。
http://back.shohyoumaga.net/

———————————————————————–
■「いろんなひとに届けたい こどもの本」/林さかな
———————————————————————–
83 絵本の広くて深い世界

 自分のよく知らないことを調べるにはガイドブックがもっとも近道。
 もちろん、自分の勘だけで見つける楽しみもありですが、ガイドされることで深いところにたどりつけるんです。

 『13歳からの絵本ガイド YAのための100冊』
            金原瑞人/ひこ・田中 監修 西村書店

 本書のガイドさんは編集者、書店員、翻訳者、評論家、作家の14人。
 タイトルに13歳からとあえて掲げているように、小さいこどもが読む絵本とはまた違う切り口で紹介しています。

 知らなかった絵本で読みたくなったナンバー1はこちら。

 『天女銭湯』
 作 ペク・ヒナ 訳 長谷川義史 ブロンズ新社

 粘土細工の人形で天女さんを造形し、銭湯で出会う少女と天女さんとのやりとりが描かれています。

 天女さんと少女の表情が独特でパワフルも感じられ、これは買って読まねばと思ってます。

 そして既に読んでいた絵本で私もすすめたくなった絵本は2冊。

 『レ・ミゼラブル ファンティーヌとコゼット』
 原作 ビクトル・ユゴー 再話 リュック・ルフォール
 絵 ジェラール・デュボワ 訳 河野万里子 小峰書店

 長編の原作を再話したもので、文章もかなり多い絵本です。
 原作の魅力を活かしつつ、絵と共に重厚な仕上がりで、これは本当におすすめ。

 『宮澤賢治 「旭川。」より』
 文・画 あべ弘士 BL出版

 恥ずかしながら、この絵本で知った詩「旭川。」
 「旭川で暮らす絵本作家が、この詩を絵本化したのも必然と言えるでしょう」の紹介文に納得。道産子の私は、旭山動物園であべさんの絵を初めて見て以来この画家のファンなのです。
 詩とともに、あべさんの絵に深いところにつれていってもらえました。

 どの絵本も中高校生が読んだらどんなふうに感じるのか楽しみなものばかり。
 学校の図書室にぜひおいてもらいたいガイドブックです。

 さて、引き続き私からも絵本をご紹介していきます。

 『いっしょにおいでよ』
 ホリー・M・マギー 文 パスカル・ルメートル 絵 
 ながかがちひろ 訳 廣済堂あかつき

 ながかわちひろさんの訳者あとがきによると、
 この絵本は「自由なくらしを手放さないこと、外国のたべものや文化を楽し
 むことも、テロやヘイトスピーチへの意思表示」と思った作者と画家の2人
 がつくりました。

 おんなのこはテレビでニュースをみてこわくなります。
 たくさんの人たちがにらみ合い怒りをみせている。
 この国から出て行けと怒鳴っている。

 お父さんにたずねます「こんなのっていやだ、どうしたらいいの?」と。
 「いっしょにおいで」とお父さんはおんなのこと外出します。

 おんなのこはお母さんにもたずねます。
 お母さんとも外出しました。

 両親と外出して感じたことで、
 今度はおんなのこはひとりで出かけます。
 途中で友だちのおとこのこといっしょになります。

 「いっしょにおいでよ」

 そんな一言で、勇気を出してみる。行動してみる。
 世界をよくしていくには、最初の一歩を踏み出すこと。

 平易な言葉で、自分のくらしを手放さないためにどうするかが伝わってきます。

 絵本のなかにいるおんなのこは、時に、私たち読み手を見つめていて、その目をみていると、自分も襟を正す気持ちになりました。

 メッセージ力を実現させているのは、翻訳者なかがわさんの力でもあります。
 http://chihiro-nn.jugem.jp/?eid=25

 ブログには、この絵本を訳されることについて興味深いことも書かれていますので、ぜひぜひ読んでみてください。

 次にご紹介するのは、これから暑くなる季節に食べたくなるアイスクリーム
 のワクワクする絵本。

 『ぼくはアイスクリーム博士』
 ピーター・シス さく たなか あきこ やく 西村書店

 絵本のうれしいところは、文章とともに豊富な絵のおかげで知りたいことがわかりやすく理解できる点にあると思います。

 本書はアイスクリームの起源、どんなふうにつくるのか、様々な国のアイスクリームの歴史などが、主人公のジョー少年の視点から描かれます。

 ジョー少年はおじいちゃんから、どんな夏休みを過ごしているのか手紙をもらいました。
 
 ジョーの夏休みはこんな感じです。
 アイスクリームの本を読み、ピスタチオなど知らない言葉を覚え、
 アイスクリームを使って計算問題を解いてみたり、
 アイスクリームでアメリカや中国などの歴史も勉強したりします。

 つまり大好きなアイスクリーム三昧の夏なのです。
 カラフルなアイスクリームがどのページにも登場し、私自身、初めて知ることがいろいろありました。

 5月9日はアイスクリームの日だということも教えてもらい、
 肌寒い日ではあったのですが、マンゴープリン~ココナッツミルク仕立て~のアイスを食べました。おいしい!

 今年の夏はこの絵本を読みながら、いろんなアイスを食べようと思っています。

 最後にご紹介する絵本は、小さなお子さんにぴったりの小さな絵本。

 「もりのこえほん」シリーズとして全4冊の内2冊をご紹介します。

 『サーカスくまさん』
 『もりのたんじょうびパーティ』
 エリザベス・イワノフスキー 作 ふしみみさを 訳 岩波書店

 シリーズの原書は1944年にベルギーで刊行され、シリーズ名はフランス語で「心配なく お気軽に」という意味。

 絵本の説明によると、刊行時は戦時のため、紙を手に入れるのが難しく、壁紙の試し刷り用の紙を使い、絵本サイズも小さくしたそうです。

 原画はグワッシュ(不透明な水彩絵絵具)を用い5つの色で絵本の登場人物たちを色鮮やかに描いています。

 『サーカスくまさん』では、タイトルにあるように、くまさんがサーカスですごい技とおちゃめなところをみせてくれます。

 『もりのたんじょうびパーティ』では、森の生き物たちのダンスやパレードなど楽しい出し物がいろいろでてきます。

 小さいお子さんとの読み聞かせだけでなく、デザイン性の高い絵本ですのでじっくり鑑賞する楽しみもあり、贈り物にもいいですね。楽しみは様々。

 ぜひ手にとってみてください。

『ザ・ヘイト・ユー・ギヴ あなたがくれた憎しみ』『パンツ・プロジェクト』//書評のメルマガ

4/10日号で配信された「書評のメルマガ」ではエマ・ゴンザレスさんのスピーチを聞いたことがきっかけで、声をあげることについての本2冊をご紹介しました。
http://back.shohyoumaga.net/

———————————————————————-
■「いろんなひとに届けたい こどもの本」/林さかな
———————————————————————-
82 声をあげること

 アメリカのフロリダ高校でまたも銃による悲しい事件がおき、
 当事者である高校生たちが声をあげ、大規模なデモ行進をしたことはネット動画でも多くとりあげられました。

 中でも、エマ・ゴンザレスさんの沈黙も含んだスピーチは、動画をみた多くの人の心を動かしたのは間違いないでしょう。
 私はこの動画を高校生の娘と一緒にみました。

 彼女はスピーチの英語を理解する前に、
 ゴンザレスさんの言葉のもつ力を受け取り、
 いつのまにか涙を流しながら聞いていました。
 そしてそれ以来、ツイッターでフォローし、銃規制の必要性を強く感じるようになっています。

 言葉が届くということを目の当たりにした後に読んだ、
 当事者が声をあげることについて、2冊の本をご紹介します。

 『ザ・ヘイト・ユー・ギヴ あなたがくれた憎しみ』
 アンジー・トーマス作 服部理佳 訳 岩崎書店

 本書は昨年2017年アメリカで話題になった社会派YA。
 デビュー作にして、世界30か国で刊行されている作品です。

 主人公は治安が悪くギャングもはびこる街に暮らす、女子高校生スター。
 ある日、パーティから一緒に帰った幼なじみのカリルが、白人警官に呼びとめられ、スターの目の前で射殺されてしまいます。
 目撃者はスターただひとり。

 最初は事実はひとつなのだから、自分が証言しなくても警官は裁かれると思っていたスターでした。しかし、事実とは異なる報道が重なり、スターは、いまはもう口を開けないカリルの為に、無実を証言する決意をするのです。

 元ラッパーである作者は大学で創作を学び、在学中から本作を執筆したそうです。タイトルも伝説のラッパーであるトゥパックの言葉からとられており、彼も銃で命を落としています。

 ザ・ヘイト・ユー・ギヴについてカリルはスターにこう説明します。

「The Hate U、UはアルファベットのU、Give Little Infants Fucks Everybody、
 頭文字を取って、T-H-U-G L-I-F-Eだよ。つまり、おれたちがガキのころ社会に植えつけられた憎しみが、やがて噴きだして、社会に復讐するって意味だ」

 その話を聞いた後、スターとカリルは警官に呼びとめられたのでした。

 スターは12歳のとき両親から、警官に呼びとめられたときにはどうすればいいかということについて教えられました。白人警官に対して黒人がとらなくてはいけない態度についてです。

 「いいか、スター。とにかく連中のいわれたとおりにするんだ。手は見えるところに出しておけ。いきなり動いたりするんじゃないぞ。むこうから話しかけられないかぎり、口は開くな」

 警察を怖がるよう教えるのではなく、うまくたちまわる術です。

 カリルはいきなり動いた為に撃たれました。ただカリルは撃たれるような事は何もしていません。

 事件後、カリルは撃たれて当然であるように報道され続けました。
 事実とは違う報道がされるには、複雑な背景もあります。
 カリルはヤクの売人をしていたこともあり、偏見にもさらされ、スターの証言もヤクにからんだギャングからの脅かしもありました。

 果敢に立ち向かい声をあげるスターはまだ16歳。両親、親戚(伯父は白人警官のひとりでもあります)そしてボーイフレンド、親しい友人はしっかりと支えます。

 作者のリアリティある描写は、社会を変えていこうとする若い世代の強さを伝えてきます。

 本作は白人と黒人という人種対立だけでなく、黒人どうしでもギャングの抗争で殺し合いが起こることも含め社会の複雑さを詳細に描き出しています。

 スターの両親の人間性も生々しく、ケンカをしたときに、ヤケをおこした、父親が浮気をしその結果、スターには異母兄がいることも、それを受け入れている母親も、なぜ父親を許し一緒にいるかを説得力をもって教えてくれます。

 ずっしりと重たい話ではあるのですが、嫌いな人とはどうつきあっていくかなど、人生のライフハックもさりげなくもりこまれていて、細部まで読みごたえがありました。

 映画化も決定されているそうですが、撮影が終わった後に、スターのボーイフレンドという重要な役柄の俳優が降板になり(その理由が過去に人種問題を助長させるようなジョークをYouTubeにあげていたのがわかり炎上した為)ようやく最近違う俳優で撮り直しが決まったようです。日本でも公開されたらぜひ見てみたいです。

 『パンツ・プロジェクト』
 キャット・クラーク作 三辺律子 訳 あすなろ書房

 こちらは、中学校に入学したリヴが服装規定によりスカートをはかなくてはいけないことに、強い違和感をもち、パンツでも通学できるように「パンツ・プロジェクト」を友人らと立ち上げる物語。

 そう、本書もまた自分の違和感を声に出し、学校を変えていこうとする話です。

 リヴは最初は簡単にできることだと思っていました。
 周りの中学ではパンツでもいいところはあるし、スカートにこだわる理由はないと思っていたからです。

 しかし、なぜパンツじゃなきゃいけないの?という声もあがりました。
 校長先生にも話をしましたが、将来的に考えるとして緊急の課題にはならないとすぐの検討はしてくれません。

 前回のメルマガでご紹介した『いろいろいろんなかぞくのほん』(メアリ・ホフマン文/ロス・アスクィス絵/杉本 詠美訳/少年新聞社)に出てきた家族のように、リヴにはお母さんが2人います。

 パンツをはきたいリヴは自分のセクシュアリティについても考えるところがあり、お母さんが2人いる家の子はパンツをはきたがるわけ?とはいわれたくないことと、母親のひとりが既に心配事を抱えていたこともあり、親には秘密でプロジェクトをすすめます。

 自分らしくいられる服装を自分で選ぶリヴの行動は、読んでいてすがすがしく、ごく当たり前の行動に思えました。けれど、声をあげるには自然体だけではなく、やはり勇気が必要です。

 いろいろな人がいることについて、100%理解しなくても、受け入れていく心の柔らかさを意識させられました。

 まずは気負わず読んで欲しい。
 フリーペーパー「BOOKMARK」の装丁もしているオザワミカさんが描いたシャープな装画は手に取りたくなるかっこよさがあります。
 

 さて、最後に、
 この2冊に登場した彼らの声が、彼らのゴールにたどりついたら、10代ならではの、ただ楽しむ時間もつくって欲しいと願います。

「ミューレン 岩波少年文庫」『青い月の石』『ポケットの中の天使』『いろいろいろんなかぞくのほん』//書評のメルマガ

3/10日号で配信された「書評のメルマガ」では初めて雑誌をとりあげ、それに関連した本、ファンタジー、多様性の絵本について書きました。
http://back.shohyoumaga.net/

———————————————————————-
■「いろんなひとに届けたい こどもの本」/林さかな
———————————————————————-
81 考える先にあるもの

 小冊子「ミューレン」をご存知ですか。

 小さい文字ぎっしりの記事とセンスある写真たっぷりの読みごたえある冊子です。

 最新号 vol.22 (2018 January)の特集は「岩波少年文庫」

 児童書好きにも話題になっています。

 編集人である若菜晃子さん選の岩波少年文庫10冊にはじまり、冒険の世界、百年前の暮らし、世界をまわろう、生きものの気持ちとカテゴリ分けも魅力的で、選ばれた本もディープ。
 私も手にしたことのないものも多く、読んでみたい本だらけです。

 石井桃子さんによる「『岩波少年文庫』創刊のころ」のインタビュー記事は、初出「図書」(1980年)のもので、『石井桃子のことば』(新潮社 とんぼの本)にも掲載されたもの。
 『石井桃子のことば』は編集人の若菜さんも執筆に関わっている本で、こちらも読みごたえあります。「ミューレン」にもぜひこの本を併せてご覧下さいとすすめていますので、ぜひぜひ。

 「岩波少年文庫の今」では、岩波書店児童書編集長の愛宕さんのインタビュー記事が掲載されています。
 現在の少年文庫の書目はどのような前提で選んでいるのか、新訳に変えていくことについて、装丁についてなど、「今」の少年文庫についてのお話はとても興味深いです。

 「ミューレン」サイト
 http://www.murren612.com/

 さて、愛宕さんがインタビューでおすすめの少年文庫の一冊にあげられていたのは、オランダの作家トンケ・ドラフト『王への手紙』(西村由美訳)です。

 ドラフトさんの作品を初めて読んだときは、そのおもしろさにびっくりしたものです。評価のかたまった作家作品が多い少年文庫の中で、初めて紹介される作家の名前は強烈にインプットされました。

 しかしそれもそのはず、訳者西村さんのあとがきを読めば納得でした。

 『王への手紙』の初版刊行は1962年。表紙絵も挿絵も作者自身が描き、翌年には、現在の「金の石筆賞」の前身にあたる賞に選ばれ、それ以来のロングセラー本、オランダのこどもたちに長く読まれていた本だったのです。

 そのドラフトさんの最新訳書、岩波少年文庫の『青い月の石』(西村由美訳)を今回ご紹介いたします。

 主人公ヨーストは森で魔法が使えるという噂があるおばあちゃんと2人暮らし。ひょんなことから、イアン王子と出会い、一緒に地下世界の王であるマホッヘルチェと対峙することになります。
 マホッツヘルチェの元に行くまでもが一筋縄ではいかず、たどりついたら、今度は難問をつきつけられ、クリアした後にも、更に難しい局面にたたされることになります。
 ヨーストと共に冒険するのは、現実世界ではヨーストをいじめていたヤン、どんなときもヨーストを支える幼なじみフリーチェです。

 それぞれの人物造形がしっかりしていて、どんな場所で困難なことに立ち向かうのかがテンポよく描かれ、物語に吸引力があります。対立、協力、葛藤、難しい相手との対峙など、どの場面にも心を動かされます。

 挿絵もドラフトさんが描いていて、物語をいっそう引き立てます。
 小学校中学年くらいから楽しめる冒険物語、こどもはもちろん、大人の方にもオススメです。

 さて次にご紹介するのは、イギリスの作家デイヴィッド・アーモンド『ポケットのなかの天使』(山田順子訳 東京創元社)です。

 カーネギー賞・ウィットブレッド賞を受賞した『肩胛骨は翼のなごり』の邦訳で知られるようになった作者アーモンドですが、今回の作品は心あたたまるファンタジー。

 バスの運転手をしているバートは、定年間近でその日を待ちわびながら仕事をしていました。ところがある日、バートのポケットに天使が入っていたのです。いったいこの天使は誰なんだろうと思いながら、バートは自宅に連れ
 帰り、妻のベティに紹介します。ベティも大喜びで、こどもには教育が必要と自分の勤務先である学校に、天使を連れて行きます。すぐさま生徒たちに受け入れられ、大人気になりますが、黒ずくめの男が若者が天使に目をつけ……。

 アンジェリーノと名付けられた天使の男の子がとてもかわいいのです。しょっちゅう、おならをするも愛嬌。黒ずくめの若者が何かしでかすのではないかとハラハラするのですが、物語に流れている優しさの心地よさがたまりま
 せん。日常におきるファンタジーにしっかりとリアリティをもたらせている作者の筆致はさすがの腕前。松本圭以子さんの装画・挿絵も素敵です。

 このメルマガ1月10日配信号で紹介したパディントンの作者マイケル・ボンドさんが書いたモルモットのお話、『オルガとボリスとなかまたち』にも出てきた料理「あなのなかのヒキガエル」。それが本書にも出てきています。
 イギリスで長く親しまれている料理だからですね。

 最後にご紹介するのは絵本です。

 『いろいろいろんなかぞくのほん』
 メアリ・ホフマン ぶん ロス・アスクィス え すぎもと えみ やく 少年新聞社

 家族の形は、お父さんとお母さん、そしてこどもたちという組み合わせがいわゆる普通といわれていますが、世の中にはいろいろな家族があること、少しずつ浸透していっていますよね。

 この絵本はそれをわかりやすく描いています。

 家族の形にはじまり、住むところ、学校、仕事、休みの日の過ごし方、食べ物など、様々なカテゴリで家族の姿をみせていきます。

 お父さんだけの家もあれば、
 お母さんだけの家もある、
 そのどちらもいなく、祖父母と暮らすこどももいれば、
 お母さんがふたりとこども、
 お父さんがふたりとこども、
 養子や里子と暮らす家族もいます。

 意識してみると、どんな家族にも個性があり、いろいろです。
 どのページもたっぷりの絵がそれを表現していて、素敵なのは、家族も流動的だということが書かれているところ。
 
 確かに、時間の経過と共に変わることもあります。
 その時それぞれの家族を、この絵本で読んでみませんか。

 いまの自分がみえてきます。

『クレヨンで描いたおいしい魚図鑑』『ネルソンせんせいがきえちゃった!』『ごちそうの木 タンザニアのむかしばなし』『マルコとパパ ダウン症にあるむすことぼくのスケッチブック』//書評のメルマガ

2/10日号で配信された「書評のメルマガ」ではユーモアたっぷりの本について書きました。
http://back.shohyoumaga.net/

———————————————————————-
■「いろんなひとに届けたい こどもの本」/林さかな
———————————————————————-
80 カラフルな色の世界

 今年は各地で雪のニュースが続いています。
 日常生活が可能な限り早くもどりますように。
 早くもどすために尽力くださっている方々に感謝します。
 
 会津でも白い空、白い地面の世界が例年以上に長いです。気温も低くあまりとけないからでしょうか。色のある世界が恋しくなります。

 なので今回はカラフルな色を楽しむ絵本を中心にご紹介します。

 『クレヨンで描いたおいしい魚図鑑』
  加藤 休ミ 晶文社

 『きょうのごはん』『おさなかないちば』など、既においしい食べ物を描いた絵本をつくってきた加藤さんですが、今回は鮭の塩焼き、焼きたらこ、金目鯛の煮付けなどなど、料理となった魚たちの図鑑です。

 クレヨン、クレパスで描かれている魚たちの美味しそうなことったらありません。「シズル感」たっぷりです。小学校の図工で使っていたクレヨンでこれだけ美味しい絵が描けるなんてすごい。

 また図鑑なので魚の知識ももりこまれています。系統樹として魚料理の種類を「仲間」としているものでは、太陽と塩の時代、しょうゆ時代、冷蔵庫時代と、それぞれの時代の魚料理が分けられていて興味をひきます。

 およそ1800年前の邪馬台国では、なんと既に干物と塩焼き、汁ものがあったそうで、初めて知りました。いたみやすい魚を日持ちさせるための知恵はずいぶん前からあったのですね。

 描かれている魚料理は17種類。ししゃもの一夜干しは本当にリアルで、紙の上から何度もさわってしまいました。金目鯛の煮付けは、特においしい目の玉あたりをクローズアップしていて、食欲をそそります。

 親バカ(?)ですが、魚料理が大好きで魚の食べ方がものすごくきれい(つまりほとんど残さない)な高校生の娘も、この絵本をみて「おなかすくね、魚食べたくなるね、目の玉おいしいんだよね」とうっとり眺めていました。

 クレヨンでおいしく描かれた魚料理は一見の価値があります。ぜひ。

 『ネルソンせんせいがきえちゃった!』
  ハリー・アラード 文 ジェイムズ・マーシャル 絵
  もりうちすみこ訳 朔北社

 書影をネットでみた瞬間、「これはおもしろい絵本!」とアンテナにひっかかりました。
 もちろんその時はまだ中身をまったく知りません。
 ただ表紙に描かれた子ども達の教室の雰囲気にひかれたのです。

 ネルソン先生の生徒たちは、いつもしゃべったり、動いたり、うるさくしてばかり。先生の注意など聞く耳を持ちません。とうとう先生は学校に来なくなりました。それでも生徒たちは、これ幸いとばかりに遊ぼうとするのですが、代わりにきたスワンプ先生の怖さに震えます。そこでネルソン先生にもどってきてもらおうと策を練りはじめるのですが……。

 子どもたちの表情は小悪魔のようだったり、天使のようだったり、どちらもかわいく、気持ちが素直に表情にでているのが楽しめます。

 子どもたちに読み聞かせすれば、やさしいネルソン先生ときびしいスワンプ先生の対応を楽しんでくれるに違いありません。

 本書は1977年にアメリカで刊行され、いまもロングセラーを続けているそうです。ユーモアな文章と洒落た雰囲気の絵は飽きのこない何度も読みたくなる魅力があります。 

 『ごちそうの木 タンザニアのむかしばなし』
   ジョン・キラカ 作 さくま ゆみこ 訳 西村書店

 タンザニアの南西に住むフィパという人たちに伝わる昔話を、画家のキラカさんが語り部を見つけて聞き取りをしたものです。

 昔々、日照りが長く続き作物がとれない時期がありました。動物たちは腹ぺこです。乾いた大地に不思議な木が一本生えていました。その木はおいしそうな実がいっぱいなっています。しかし、ゆすってもたたいても実はとれません。どうやったら実がとれるのか、からだの大きなゾウとスイギュウが賢いカメに相談に行くと……。

 訳者さくまさんのあとがきによると、アフリカにはまだ農業が天気に左右されているため、日照りで飢える人もでる地域があるそうです。この昔話にでてくる「ごちそうの木」は日照りの時にあってほしい願いのようなものなのでしょうか。

 キラカさんの絵は、濃くはっきりした色調が鮮やかなポップアート。白い雪の日が続いているときに、この絵本を開くと、うれしい気持ちになれます。

 実をとるための動物たちの試行錯誤も愉快で、おいしい実の味を想像しながら読みました。

 訳者のさくまさんは「アフリカ子どもの本プロジェクト」の活動をされており、この絵本もそのプロジェクトが関わっています。

 サイトはこちら http://africa-kodomo.com/

 このプロジェクトは3つの目的があり、

1)アフリカに設立したドリーム・ライブラリー(現在2館)を継続的に支える。
2)識字や楽しみのための本を必要としているアフリカの子どもたちがいれば、そこに本を届ける。
3)日本の子どもたちに、アフリカの文化やアフリカの子どもたちのことを伝える。

 『ごちそうの木』の作者キラカさんが昨年来日したときも、このプロジェクトで講演会やワークショップを開催されました。

 それでは最後にご紹介する本も目をひく表紙です。

 『マルコとパパ ダウン症にあるむすことぼくのスケッチブック』
   グスティ 作 宇野和美 訳 偕成社

 作者グスティはアルゼンチン出身のイラストレーター。ダウン症のある息子マルコとの日々をスケッチしたものが本書です。

 グスティはマルコが生まれてきたとき、最初はダウン症であることを、「こんなのうけいれられない」と率直に表明し、その時の困惑ぶりを描きます。母親のアンヌはなんのこだわりもなく受け入れたことも、女性から学ぶことがたくさんあると、アンヌとのやりとりを細かく書いています。

 「いいんだ! この子はこのままで!」

 マルコをマルコのまま受け入れたグスティの描く絵は、子どもへの愛しさがたっぷりです。ペンでざっくり描いたもの、水彩で色をのせたもの、詳細に描写されたもの、家族の生活が目の前で繰り広げられ、読んでいるとどんどんマルコが身近にいるように感じられてきます。

 マルコにはテオというお兄さんもいるのですが、テオもマルコを「せかいいちのおとうと」とかわいがります。父親のグスティはテオから学んだことも多いのです。

 遊びや学校生活、日常生活をしやするための手術も描かれ、それらは障害のある子どもとの暮らし――「受け入れる」とはを見せてくれます。

 さて、様々な本には最後に作者による謝辞が書かれています。
 この本には「ありがとう」というページにたくさんの人がでてきます。
 私はたいてい謝辞は読み飛ばすことが多いのですが、「ありがとう」は熟読し、何度も読み返しもしました。
 グスティの声が聞こえてくるようだったからです。

 今月、来月と刊行記念トークイベントも開催されるので、お近くの方は足を運ばれてはいかがでしょう。

 ★刊行記念トークイベント開催予定★

 ○2月27日(火)19:30~BOOKS 青いカバ(駒込)
 「日本語版『マルコとパパ』ができるまで~翻訳とデザインと」
  宇野和美さん(翻訳家)x 鳥井和昌さん(デザイナー)
 https://www.kaiseisha.co.jp/news/24156

 ○3月20日(火)18:30~ブックハウスカフェ(神保町)
 世界ダウン症の日記念トークイベント
 宇野和美さん(翻訳家) x 関口英子さん(翻訳家)
 https://goo.gl/xuF86A

『モルモット オルガの物語』『オルガとボリスとなかまたち』『バイバイわたしのおうち』//書評のメルマガ

1/10日号で配信された「書評のメルマガ」ではユーモアたっぷりの本について書きました。
http://back.shohyoumaga.net/?eid=979078

———————————————————————-
■「いろんなひとに届けたい こどもの本」/林さかな
———————————————————————-
79 共に生活する楽しみ

 2018年が始まりました。
 年末年始のハレの日が過ぎ、日常が戻っているころでしょうか。
 

 さて今年最初にご紹介するのはシリーズ2作。
『モルモット オルガの物語』
『オルガとボリスとなかまたち』

 マイケル・ボンド 作 おおつかのりこ 訳 いたやさとし 絵 PHP研究所

 

 作者は「くまのパディントン」シリーズを書かれたマイケル・ボンドさん。
さみしいことに昨年亡くなられ、日本語に訳された本はみていただくことは叶わなかったそうです。

 本書は娘のカレンさんが飼っていたモルモットをモデルに、空想力ゆたかなオルガが愉快に動き回る物語。

 表紙のモルモットたちの愛らしさにまず惹かれ、
 一巻目の冒頭からこれはおもしろそうだとわかりました。
 
 ――オルガ・ダ・ポルがはまちがいなく、とくべつなモルモットです。

 とくべつなモルモットの話!

 オルガは自分の名前を飼い主のカレンにどのように伝えたか。
 ネコのノエルとはどのようにわかりあったか。
 空想が紡ぐめくるめくお話。
 などなど
 
 オルガの躍動感が読み手に伝わってきて、ワクワクというか、次は何をするのかなという楽しみが読んでいる間中続きます。

 おおつかさんの翻訳は言葉がやわらかく、詩的で、物語にとてもあっています。オルガやまわりの友だちの言葉は時に深淵で哲学的でもあり、大人が読んでも、はっとします。

 私の好きな言葉は、ハリネズミのファンジオによるもの。

 ファンジオはオルガに自分な好きな場所“天国が原”の話をし、オルガもその場所に行きたくなります。なんとか、囲いから抜け出し、ファンジオと出かけます。しかし、“天国が原”はオルガにとってはよくわからない場所でした。

 そんなオルガにファンジオはこういいます。

「美は、みるものの目にやどる。おいらのまどからは、すてきな場所にしかみえないけどな」

 うんうん、ファンジオのいうこと、よくわかります。

 小学校低学年から楽しめる物語。
 周りのお子さんにすすめてみてください。
 動物好きだとなお喜ばれるでしょう。

 訳者おおつかさんによる、オルガのブログもぜひ。
 作中に出てくる料理、その名も”あなのなかのヒキガエル”もブログで紹介され、つくりたくなりました。
 

 「もっと もっと モルモット オルガ」
 https://olga-da-polga.muragon.com/

 もう一冊はうれしい復刊児童書

『バイバイわたしのおうち』
 ジャクリーン・ウィルソン 作 ニック・シャラット 絵 小竹由美子 訳
 童話館出版

 本書は2000年に偕成社より刊行されていたものの復刊。翻訳は全面的に見直されています。

 刊行された当時読んでいたので、久しぶりの再読です。
 ジャクリーン・ウィルソンさんの作品は1995年に翻訳家の小竹さんが訳された『みそっかすなんていわせない』(偕成社)を皮切りに、日本でもファンが広がりました。イギリスで大人気の作家、ジャクリーン・ウィルソンは複雑な家庭環境下の子どもの気持ちをよくすいとっていて、なんでわかるの?と聞きたくなるほどリアルです。

 私自身、中学のときに両親の離婚を経験していますが、まわりの友だちには相談できず本にずいぶん救われました。

 ひこ・田中さんの『お引越』や今江祥智さんの『優しさごっこ』がそうでしたが、ウィルソンさんの本を初めて読んだときは、もっと早く読みたかった!とくやしく思ったほどです。

 さて、この物語のいちばんの魅力は語り口が湿っぽくないところです。
 親の離婚は子どもにとっては不幸なことが多いですが、だからって暗く重たく書く必要はなく、からりと悲しさやしんどさを語ってほしいのです。

 『バイバイわたしのおうち』はパパとママとアンディーの3人で桑の木のある一軒家で暮らしていたのが、両親の離婚によって、1週間事に双方の家を行ったり来たりする暮らしを強いられるようになった物語。

 両親の仲が破綻していても、子どもとの関係は破綻していないのだから、アンディーにとっては、どうにかやり直せないか、また一人っ子に戻りたいと願うのはとっても理解できます。

 双方ともに異母兄弟がいて、落ち着く場所がなく、ストレスをため続けるアンディー。そんなアンディーの親友はシルバニア・ファミリーのうさぎ人形、ラディッシュ。

 ラディッシュのおかげで、アンディーはもう一つの居場所も得ることができるので、そのあたりはぜひ本を手にとって読んでみてください。

 子どもの選択肢は少ないゆえに、逃げ場がなかなか見つからない。家、学校以外の居場所は大事です。

 アンディーにラディッシュがいてよかった。

 ニック・シャラットのイラストも物語にぴったり。子どもも大人も表情がいい、仕草がいい。みんな憎めない人物に描いています。

 ウィルソンさんの物語を必要とする子どもたちにこの本が届きますように。
 大人も読んで広めましょう!

 それでは、今年もよろしくお願いいたします。

『口ひげが世界をすくう?!』『しずかにあみものさせとくれ-!』『テオのふしぎなクリスマス』//書評のメルマガ

12/10日号で配信された「書評のメルマガ」ではユーモアたっぷりの本について書きました。
http://back.shohyoumaga.net/?eid=979068
———————————————————————-
■「いろんなひとに届けたい こどもの本」/林さかな
———————————————————————-
78 ユーモアは明日の活力

 12月になりました。
 今年も残りわずか。あと何冊読めるかなと思っているとき、最高におもしろい本を読みました!

 『口ひげが世界をすくう?!』
ザラ・ミヒャエラ・オルロフスキー作
ミヒャエル・ローハー絵 若松宣子訳
岩波書店

 ヨーヨーの大好きなおばあちゃんが亡くなってしまいました。おじいちゃんはとても悲しみ、出かけることもなく、新聞ばかり読んでいます。しかし、ヨーヨーの心配をよそに、なんと、おじいちゃんは「ひげの世界チャンピオン」になる準備をはじめたのです。

 ヨーヨーはおじいちゃんを応援し、ひげコンテストのアシスタントとして、大会にも一緒に行き、おじいちゃんをしっかり支えます。

 イラストたっぷり、ルビつきなので、小学校低学年から楽しめます。

 世界ひげ大会に出るためにひげの手入れに必要な道具は見開きいっぱいに描かれ、興味をそそられました。各章にもひげがマークになっており、遊び心があちこちにちりばめられてます。

 さあ、どんなひげでおじいちゃんは大会に挑むのでしょうか!

 そのひげは、それはそれは素晴らしくキュート!
 とにかく見て!としか言えません。

 ひげが鍵となる物語なので、本書には複数種類の帯が用意されており、版元
サイトで全種類みることができますので、ぜひ。

 https://www.iwanami.co.jp/book/b325123.html

 ユーモアいっぱいの本書は、年末の忙しさでつかれているときに心をほぐしてくれます。ぜひ手にとってください。

 『しずかにあみものさせとくれー!』
ベラ・ブロスゴル さく おびか ゆうこ 訳 ほるぷ出版
 2017年コールデコット賞オナー作品。


 
 大勢の孫に囲まれてくらすおばあさん。冬がくるまえに編み物仕事をしたいにも関わらず、子どもたちがにぎやかで、集中させてもらえません。そこで、静かに編み物をできる場所を求めて家を出ることにしました――。

 あちこちさまよいながら、求めていた場所は意外なところ。そこで一仕事したおばあさんは次にどうするか。

 作者ベラ・ブロスゴルはロシアのモスクワ生まれ。5歳のときにアメリカに移住。2011年にコミック作家としてデビュー。本書は著者のはじめての絵本作品。

 コミカルにリズムよく、画面の空白づかいがとてもおもしろい作品。

 旅路の最後まで、どうぞお楽しみにください。

 それでは、今年最後にご紹介する絵本は、時季にちなんでクリスマス絵本。

『テオのふしぎなクリスマス』
キャサリン・ランデル 文 エミリー・サットン 絵
越智典子 訳 ゴブリン書房

 テオはクリスマスをとても楽しみにしている男の子。でも、おとうさんもおかあさんも仕事でいそがしく、クリスマスイブでも、早く帰ってくるからねと言いつつ、後のことはベビーシッターさんまかせ。
 テオは願います。
 心臓のすみからすみまで、ぜんぶをこめて、ひとりぼっちでないことがいいと。

 クリスマスの奇跡がここからはじまります。つよく願うことと、それがかなう日なのですから。

 キャサリン・ランデルは『オオカミよ森へ』(原田勝訳 小峰書店)で骨太の動物物語を書いている作家。本書では、少年の強い気持ちを丁寧に描いています。

 エミリー・サットンの絵は、華やかで瀟洒にクリスマスの雰囲気を見事に描き、どのページも美しいのひとこと。思わず何度か絵をなでてしまったほどです。

 テオのクリスマスの願いごとがどのようにかなうのでしょう。

 ラストのゴージャスさは、すごーい!と感嘆しました。

 さあ、みなさまの願い事もかないますように。
 メリークリスマス! 
 そしてすこし早いですがよいお年をお迎えください。

『灰色の地平線のかなたに』『凍てつく海のむこうに』//書評のメルマガ

11/10日号で配信された「書評のメルマガ」では岩波書店の2冊について書きました。
http://back.shohyoumaga.net/?eid=979068

———————————————————————-
■「いろんなひとに届けたい こどもの本」/林さかな
———————————————————————-
77 知らないことを知る

 10月に入ってからの台風、被害にあわれた地域の方々にお見舞い申し上げます。

 毎年、いままでにない気象が起こり、各地で日常が突然奪われてしまう。
 さまざまな状況の中でできるだけ冷静に対処し、明るく過ごす事の大事さを思います。

 こういう時はじっくり本を読む。
 読んでいろいろ考える。

 今月はじっくり時間をかけて読む、長編作品をご紹介します。

 『灰色の地平線のかなたに』 
 『凍てつく海のむこうに』
 ルータ・セペティス作 野沢佳織 訳 岩波書店

 今年2017年カーネギー賞を受賞したのは『凍てつく海のむこうに』

 イギリスの図書館協会が年に1度、児童・ヤングアダルト向けのすぐれた作品に贈る賞です。

 ルータ・セペティスの作品は2012年に『灰色の地平線のかなたに』が翻訳れています。
 2冊続けて読んでみました。

 『灰色の地平線のかなたに』

 第二次世界大戦中のリトアニアで、15歳のリナはソ連の秘密警察につかまりシベリアの強制労働収容所に送られてしまいます。父親は別の場所に連れていかれ、母親とリナ、弟のヨーナスの3人は、集団農場(コルホーズ)で働かされることになりました。つらい長旅のあと、厳しい農作業の労働を強いられる中、リナはいつか父親と再会し、画家を再び目指せることを未来に描き、現実を耐え抜きます。

 文字を読みながら映像をみているかのような描写に、息をつめて読んでいる自分がいました。

 過酷な環境の中、自分を守ることで精一杯になりがちな場においてリナの母親が常に他者に対しての思いやりをもっている姿も心を揺さぶられました。
 
 作者、ルータ・セペティスは歴史上であまり語られていなかったできごとを物語にして差し出します。

 ナチスのユダヤ人虐殺は多く語られてきている一方、同時期にスターリンが率いるソ連がバルト諸国のみならず自国の市民も逮捕し、シベリアに追放してきたことはそれほど知られておらず、これに光をあてて書いたのが本作です。

 生き延びたいという強い気持ちをもつリナの生き方に圧倒され、ここまで追い詰める戦争の罪深さを忘れてはならないと強く思いました。

 続けて
 『凍てつく海のむこうに』を読みました。

 リナの従兄弟ヨアーナが主人公です。

 『灰色の~』でもヨアーナについて語られることはあっても、本人は登場していません。ヨアーナもまた、リナと同じように強い少女でした。

 第二次世界大戦末期、ソ連軍の侵攻がはじまるなか、ナチス・ドイツ政府は孤立した東プロイセンから、バルト海を経由して住民を避難させる「ハンニバル作戦」をとります。

 その史実を背景に、作者は海運史上最大の惨事とよばれる〈ヴィルヘルム・グストロフ〉号のことをヨアーナ含む4人の若者たちの視点でフィクションを紡ぎました。

 大人がしている戦争に巻き込まれるこどもたちが、どんな思いを抱いていたのか、物語を読むことで、私たちは想像し、そうでない未来をつくっていかなくてはと意識するようになるのでは。

 知らなくてはいけないことを知ること。
 意識していないと、知っている世界はごく狭いものになってしまう。
 知ろうと意識すること、
 物語の世界は、それをみせてくれます。

 2冊あわせて6センチ近い厚みをもつ物語は、読むのにちょっとひるんでしまうかもしれませんが、読み始めるとあっというまに歴史の世界へ誘います。

 ぜひ読んでください。

『サンドイッチをたべたの、だあれ?』『発明家になった女の子マッティ』『クリスマスを救った女の子』//書評のメルマガ

遅くなりましたが10月に配信された「書評のメルマガ」ではやまねこ翻訳クラブ会員訳書3冊について書きました。
http://back.shohyoumaga.net/?eid=979068

———————————————————————-
■「いろんなひとに届けたい こどもの本」/林さかな
———————————————————————-
76 WEB上のクラブ やまねこ翻訳クラブ20周年

weB上で活動している、やまねこ翻訳クラブをご存知でしょうか。

http://www.yamaneko.org/

1997年に発足し、翻訳児童書を軸にWEB上で翻訳勉強会をしたり読書会をしたり、メールマガジンを発行したりするなどの活動をしているクラブです。

私は産休時に、このクラブの存在を知り入会。
ニフティのフォーラム時代から参加しています。
地方にいても子どもが小さくても、自分の好きな時間にアクセスして大好きな本の話ができる場は夢のような場所でどっぷりはまりました(笑)。

今年2017年、やまねこ翻訳クラブは20周年を迎えました。
私自身、メールマガジン「月刊児童文学翻訳」の編集長も2年ほど務め、出版社、翻訳者の方々のインタビュー、企画をたてて記事を書くことなど、ただ翻訳児童書好きの(翻訳者志望ではない)私にも勉強になることばかりでした。

いまは時間がなかなかとれず、会員らしいことができていないのですが、20周年記念に今回はやまねこ翻訳クラブ会員の訳書をご紹介します。

一冊めは、
翻訳者も出版社もやまねこ翻訳クラブ会員によるものです。
絵本の帯には、やまねこ20周年のロゴと共に、会員による推薦文も掲載されいます。

『サンドイッチをたべたの、だあれ?』
ジュリア・サーコーン=ローチ 作 横山 和江 訳 エディション・エフ

森にすむクマが、いいにおいに誘われて、人間が収穫した木イチゴが積まれているトラックに乗ってしまいます。たらふく食べてぐっすり眠って起きた場所は森ではなく、人間の住む街でした。

クマにとっては初めてみるものばかりの街の中、歩き回って公園にたどりつき、ベンチにあったサンドイッチを発見。さてさて、サンドイッチをクマは食べたのでしょうか!?

描かれるタッチはおてんとさまの陽射しを感じるようなあたたかさがあります。

クマは結局どうするのかなと思って読んでいくと、へえ!と思うラストに、まさにタイトルどおりと納得です。このひねり具合は、にやりとしますよ。

さあ、はたして食べたのは誰でしょう!?

絵も文章もアメリカ、ニューヨーク在住のジュリア・サーコーン=ローチが描いています。学生時代はアニメーションを学び、その後絵本作家としてデビュー。本書は4作目にあたり、2016年絵本作家に贈られるエズラ・ジャック・キーツ賞の次点に選ばれています。

訳者の横山和江さんは山形在住。読み物も絵本の訳書も出されていますが、目利きの横山さんが刊行されるものはどれも読ませます。やまねこ翻訳クラブ会員歴も長く、翻訳のほか、読み聞かせの活動もされています。

刊行したエディション・エフは京都にあるひとり出版社。「手と心の記憶に残る本づくり」をされていて、HPの会社概要は一読の価値あり。

http://editionf.jp/about/

二冊めは、

『発明家になった女の子マッティ』
エミリー・アーノルド・マッカリー 作 宮坂 宏美 訳 光村教育図書

ノンフィクション絵本です。
19世紀末のアメリカで活躍した女性発明家、マーガレット・E・ナイトを描いたものです。

マッティ(マーガレットの愛称)は、子どもの頃からの発明好きでした。
2人のお兄さんのために、おもちゃや凧、そりをつくり、お母さんのためには、足をあたためる道具をつくりました。

家は貧しく、マッティは小学校の教育しか受けていませんが、発明に必要な力量を備えていたので、働きながら最終的にはプロの発明家として、22の特許を取得し、90を超える独創的な発明を行ったそうです。

作者は、聡明な彼女を繊細な線画で表現し、彼女の発明したものの図面も描いています。

女性であることの偏見をはねのけ、発明家として自立していく姿は、子どもたちに、未来を切り開いていく具体的な力を見せてくれます。

訳者の宮坂さんは、やまねこ翻訳クラブ創立メンバーのひとりです。マッティのように、とことん調べ物をし、やらなければならない事を的確に迅速にこなし、見事、翻訳家になりました。

三冊めは、

『クリスマスを救った女の子』
マット・ヘイグ 文 クリス・モルド 絵 杉本 詠美訳 西村書店

昨年のクリスマスにご紹介した『クリスマスとよばれた男の子』シリーズ第2弾です。

杉本さんの訳文はとてもふくよかです。言葉がやわらかく、読みやすく、杉本さんが訳したものは物語の中にすっと入り込めます。なので、こういう魔法の話はぴったりかもしれません。

さて、物語です。
サンタクロース(ファーザー・クリスマス)が誕生して、人間界の子どもたちにプレゼントを配ってから1年がたち、またクリスマスの季節がやってきました。

一番最初にサンタを信じた少女アメリアは絶対に叶えてほしいクリスマスの願い事をしてサンタクロースを待っていました。しかし、その年、サンタは誰のところにも来なかったのです。
サンタに大変なことが起きてしまったために……。

クリス・モルドの挿絵は甘くなく、厳しい現実やつらい出来事も、いじわるな人もリアルに描き、トロルやエルフまでもが絵空事ではない雰囲気を出しています。

マット・ヘイグのクリスマス物語は、決して型にはまったものではなく、願うこと、望むこと、その気持ちが魔法を生む力になるというメッセージがまっすぐ伝わってきます。

つらいことばかりが続くと、未来に対して前向きになるのがしんどくなりますが、アメリアやサンタクロースの逆境をはねのけていく姿から、願うことは魔法の力につながると思えてくるのです。

「幸福。それに笑い。遊び。この三つは、人生をつくるのになくてはならないものだ」とサンタクロースはいいます。

12月には少し早いですが、
この三つを忘れずに、今年のクリスマスにはすてきな贈り物がみなさんに届きますように!